ピンク映画ch(FANZA月額動画)のレビューと感想・メリットデメリット

ピンク映画ch(FANZA月額動画)の口コミ評判と感想レビュー

FANZAの月額見放題チャンネル「ピンク映画ch」の特徴やメリット・デメリットなどをまとめています。

目次

ピンク映画chの特徴

※ビジュアル=モデルの見た目。
※クォリティ=一つ一つの作品のクォリティ

満足度

月額料金
高い
3,000円
安い
見放題作品
少ない
5,000本
多い
更新頻度
低い
5~15本/月
高い
コスパ
悪い
1日あたり100円
良い

ピンク映画chは「にっかつロマンポルノ」や「新東宝」などのピンク映画が見放題のチャンネル。

傾向としてはプレイ内容よりもシチュエーション重視で、ジャンルとしては人妻熟女女教師などが多め。

シンプルなアダルト動画として楽しむよりかは、普通のAVに飽きてきた時にお勧めのチャンネルとなっています。

ピンク映画chはこんな人におすすめ

  • ピンク映画が好き、または興味がある。
  • プレイ時のエロさよりもシチュエーションが凝った作品が好き。
  • 人妻熟女が好き。
  • 普通のAVに飽きてきた
色褪せない傑作!

ピンク映画chの見放題ラインナップ

人気女優
林由美香
佐々木麻由子
しのざきさとみ
風間今日子
倖田李梨
里見瑤子
荒井まどか
橋本杏子
吉行由実
人気シリーズ

痴●電車(新東宝)

痴●電車(大蔵映画)

(秘)劇場

団鬼六

禁断の果実

宇能鴻一郎

ピンク映画chのメリットとデメリット

メリット
デメリット
  • ピンク映画の傑作がお得に見放題。
  • ストーリーシチュエーションに凝った作品が多い。
  • 熟女・人妻・NTR系の作品が多い。
  • 今は亡き名女優の作品や色褪せない名作が豊富。
  • 他では見れない独占配信の作品が多い。
  • フルHD(1080p)対応の高画質。
  • マルチデバイス対応専用アプリも使いやすい。
  • 評価レビュー数が多いので目当ての作品を見つけやすい。
  • 基本的に過去作がメイン。
  • プレイ内容だけで見ると物足りない。

ピンク映画chは基本的に昔の作品がメイン。

一般的なアダルト動画と違ってストーリーやシチュエーションに拘っていることが多いので、短時間で抜きたいという場合にはあまり向いていません。

その分、他では取り扱っていないピンク映画の傑作がいつでも見放題というのが強み。

ピンク映画ならではの濃厚なストーリーやシチュエーション、有名女優の作品をここまで専門的に取り扱っているサブスクは他にありません。

ピンク映画chと他のサブスクを比較

FANZA内で比較


ピンク映画ch

桃太郎BB

熟女チャンネル
月額料金3,000円3,100円3,980円
見放題作品5,000本4,500本32,000本
更新頻度5~15本/月10~15本/月200~260本/月
モデルの見た目
作品の内容
1日あたりの料金100円103円132円
公式サイト レビュー
公式サイト
 レビュー
公式サイト

他のサイトと比較


ピンク映画ch

XCITY
月額料金3,000円3,135円
見放題作品5,000本84,000本
(ピンク映画作品も有り)
更新頻度5~15本/月150本/月
モデルの見た目
作品の内容
1日あたりの料金100円104円
公式サイト レビュー
公式サイト

まとめ

ピンク映画chはピンク映画好きにとってはかなりコスパの良いサブスク。

FANZA内だとシチュエーションや企画物に強いという点では桃太郎BBも人気。

単純に熟女好きなら熟女チャンネルもお勧め。

FANZA外だとXCITYでもピンク映画が見放題対象になっています。

目次